前へ
次へ

近年の独身世帯の増加と結婚の晩婚化について

最近の日本では、独身世帯が急速に増加しており、また結婚平均年齢が年々上昇しています。
この現状がおこってしまった原因を説明します。
なぜっ結婚しない若者が増えてしまったのか、それは結婚をするような余裕がなく、それを日本政府が改善できていないということがあります。
労働環境改善を行うべきであるのに、それを進めていないので長時間働いているのに、給料が高くない。
この結果、自分の生活だけで手いっぱいで、恋愛や結婚を考える時間的・経済的余裕がないという若者が増えているからです。
しかし、そのような人でも結婚願望がないというわけではなく、時間的・経済的余裕ができたならば結婚したいという人も多くいます。
その結果、賃金が上昇してきた勤続年数の長くなった人が結婚をしていくということから、結婚年齢の晩婚化ということにもつながっています。
このように、労働問題が結婚に与える影響は非常に大きいです。
原因がわかっているのならばなぜ改善しないのかという意見もありますが、若者が結婚しなくなった理由は、その他多くの要因が複雑に絡み合っているので、解決が難しいのです。

Page Top